FC2ブログ
姫路 よこた整骨院のほっこりブログ  ホーム »治療について
カテゴリー「治療について」の記事一覧

寝違い  

こんばんは

院長の横田です




先日 首を痛めて女性が来院されました

原因は 寝違えで痛めたとのことで

痛みがひどく、市販の痛み止めを飲むほどだったようです

どうしても4日後のご旅行までに この激痛を何とかしたい!とのことでした


痛みの為可動域制限があり、炎症が起こっていたので

患部の炎症を鎮めるために 手技療法と電気治療で患部周囲の状態をよくし

テーピング固定を行い、痛みの出る動作を制限しました


ご自宅ではできるだけ安静にしていただくこと、

特に炊事等下を向く動作は首の安静保持の妨げになるので

短時間にしていただくようお願いしました


ご本人もきちんとお約束を守ってくださり努力の甲斐あって

通院3回で痛みも消失し

楽しいご旅行へと出発されました



良かったですね!




スポンサーサイト



category: 治療について

tb: 0   cm: 0

カイロを貼る位置は  

こんにちは 

院長の横田です



2月も終わりに近づき、今が寒さのピークでしょうか。

私はここ数年の間に めっきり寒さに弱く

なってしまいました

冬でも、家の中はTシャツだった時代が懐かしいです



さて この季節 カイロを貼っている方は多いと思うのですが


みなさん どこに貼りますか?



実は 背中に貼ると効果的といわれているんです。

背中の肩甲骨の下中央には

内臓を支配している神経が集まっているため、

ここを温めると、胃腸の働きを高めて

全身の血流アップが期待できるそうです。


春まであと少し


寒さを乗り切りましょうね。

category: 治療について

tb: 0   cm: 0

産後のダイエット!  

産後のダイエットについて

ダイエットには、もちろん食事制限は必要ですが

どうせ痩せるなら、効果的なエクササイズをして

きれいに痩せたいですよね。

でも、育児に家事に大忙しのママさんは

なかなか運動する時間もないのではないでしょうか?



ママさんに一番相談を受けるのが、産後の骨盤の歪みです。

kotsuban-img2.jpg



そもそも普段の生活をおくっていても、ちょっとしたクセを続けて

いると、体は歪んでいくんですよ。


足を組んだり、歩き方が正しくなかったり、

体重をどちらかにかけるクセがあったり・・・思い当りませんか?

kotsuban-img1.jpg


身体が歪んだままでは、エクササイズをしても

あまり効果的ではありません。

さらに、骨盤が歪んでいることで、

ウエスト周りに脂肪がつきやすくなったり、

足がむくんで太くなったり



新陳代謝の低下・冷え・肩こり・腰痛・生理痛・便秘

などの原因にもなることがあるんです(>_<)

おしりが四角くなってきたな・・・という方は

要注意です




まずは骨盤のゆがみ・体の歪みをを中心に改善していくことが

自律神経も整い、美しいダイエットへの近道だといえます。



次回のブログで

いろいろな方法を用いて

骨盤のゆがみを矯正していく方法を

載せていきますね



よこた整骨院では その方に応じた骨盤矯正を行いますので

継続していただくことで

腰痛やコリの改善 ヒップアップ効果が期待できますよ◎


s01_img01.png








category: 治療について

tb: 0   cm: 0

好きなことなら勉強も楽しい  

こんにちは!

院長のよこたです。

すっかり冬の気候になって、朝起きるのがつらいですね。

年々、寒さに弱くなっていっているような・・・

早く、夏よ来い!

tree01.gif



さて、先日は、神戸に勉強会に行ってきました。

治療に関する勉強会なのですが、

どんな内容かを説明すると

曲げたり、伸ばしたりといった通常の関節の動きとは異なり、

微妙に関節を引き離したり、互い違いに滑らせたりして

狭くなっている関節の可動域を広げる治療の勉強です。


この微妙な動きを発生させるのが難しく、

必要以上に力を入れすぎてしまえば関節を痛めてしまい

弱すぎれば効果が得られず、

手先の感覚がとても大事になってきます。

この治療の勉強は、今まで独学で理論を学び実践していたのですが

新たに気付いたことも多く、

これからも定期的に勉強会に参加しよう!と

大満足で帰宅した、充実した休日となりました。









category: 治療について

tb: 0   cm: 0

ひざの痛み  

こんにちは。院長の横田です。

今日は 膝の痛み についてのお話です。

膝の痛みの原因の代表として

加齢、体重の増加、激しい運動

などがあげられています。

006443_convert_20121108143329.jpg


ですが、高齢の方、太っている方が

激しい運動をしても膝の痛みが無い方もいます。



勿論、上記の理由でも膝の痛みは発生しますが、

誰でも起こりうる膝痛の原因として

『膝の関節が不得意な運動』が加わっている事にあります。

膝の関節の運動は前後に伸ばす、曲げるという動作が主であり、

ほんの少しだけ回る動作(回旋)がありますが、

膝の関節はこの回る動作と左右に曲げる動作は

あまり得意ではありません。


膝の痛みを抱える方の多くは

この不得意な動作が関節に働いているものと考えられます。

例えば、歩行時などに足先が外を向くいわゆる『ガニ股』歩きなどでは、

正しい歩行時よりも膝の関節に外に回る動作(外旋)が加わり、

膝の関節に大きなストレスが加わり、

関節を支えている周囲の筋肉、靭帯、関節を包み込む

関節包同士が余分な摩擦を起こし炎症が起こり痛みが発生します。

次第に炎症を抑える為に、水が溜まったり、

軟骨が摩耗し関節が変形していきます。



膝痛はほっておくとどんどんひどくなる場合もあり

変形等を助長し、あまり変形強くなると改善が難しいこともあります。


当院では、膝痛を根本的に解決するため、

周囲の筋肉の緊張を整え、間違った動きをさせないよう

トレーニングや体操も指導していきます。

ひざの痛みでお悩みの方は お早めに ご来院くださいね。



category: 治療について

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop